2017年06月09日

痛い腰痛に骨盤ベルト

基本的に骨盤ベルトは、コルセットよりも簡易な作りになっているのが特徴と言えます。
この骨盤ベルトはよく間違えられるのですが、コルセットとは違うのです。骨盤ベルトというのは、最近、テレビなどでも話題になっているので、ほとんどの人は一度くらい耳にしたことはあるでしょう。
いわゆる、帯状のゴムあるいは、伸縮性の素材でできた単純な形のベルトが、骨盤ベルトになります。
もっとも、そうした物は、使用中にずれてしまったり、長さの調整なども必要なので、やはり、骨盤ベルトを使用するのが賢明です。
ほとんどの腰痛は、腰の筋肉の緊張と、その緊張から生まれる骨盤の歪みによって起こるとされています。
例えば、自転車のチューブや女性用のストッキングなどを数本束ねれば、骨盤ベルトの代わりになります。
そして、骨盤ベルトには伸縮性があるので、それが骨盤を締め付けて、変形、あるいは広がった骨盤を正常な形に戻してくれるのです。
そして、骨盤ベルトは、コルセットのように腰に巻いて使用するものではないのです。

骨盤ベルトは、コルセットとは異なり、単純な形状になっているので、他の物で代用することも可能です。

骨盤ベルトというのは、使用すればよいというものではなく、コルセットと同様、あまり使いすぎるのはよくないのです。
そして、骨盤ベルトを常に使用しないと、骨盤の形状を保てないような体では困るのです。
効果的な骨盤ベルトの使用法というのは、あくまで痛むときの対処法として使用するのがベストなのです。
骨盤ベルトがもっとも優れているところは、やはり、即効性ということになるでしょう。
この骨盤ベルトを巻いて、1分間の骨盤体操をすれば、驚くことに下腹が3cmくらいサイズダウンすることも可能なのだそうです。
骨盤矯正をすると、サイズダウンが可能になるのは、ほとんどの人が、骨盤が歪んだり、開いてしまって、内臓が下がっているからです。
骨盤ベルトは、骨盤を正しく矯正することで、骨盤を元の状態に戻してくれるので、有効に使用しましょう。
posted by トリトン at 14:42| 痛い腰痛に骨盤ベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。