2017年06月04日

骨盤ベルトで産後ケア


多くの妊婦さんは、骨盤ベルトを装着して、1週間もすれば、便秘やこむら返りなどを解消しているようです。
妊産婦は骨盤が開きやすくなるので、産後、そのまま放置すると、体重が戻っても今まで履いていたデニムが履けなくなるなどの事態が起こります。
産後の開いた骨盤を整えるには骨盤ベルトでしっかりと骨盤を締めてやることが大切になります。
そうしたことから、最近では、産後に骨盤ベルトを使用して、骨盤を締めているお母さんが増えつつあるようです。
産後の体型戻しとして、骨盤ベルトを使用すれば、効率的に骨盤の引き締めが可能なので、試してみる価値は十分にあります。
もっともそこまでしなくても、日中、骨盤ベルトを使用するだけでも、かなり効果は得られます。
そして、産後ではなくても、出産前に骨盤ベルトを利用すれば、骨盤を締めることができます。
産後は、その緩くなった骨盤を締めることで、元の位置に戻るので、骨盤ベルトはとても有効なのです。骨盤ベルトは、産後の骨盤ケアとして、非常に有効とされていて、多くの人が利用しています。

骨盤ベルトの使い方は色々ですが、朝から夕方までずっと装着し、就寝中も着けている人がいます。
骨盤を引き締めるには、骨盤ベルトを装着して運動をするのがベストなのですが、時期としては、悪露がなくなる出産後1ヶ月くらいが良いでしょう。
産後の歪みを戻したいなら、一番オススメなのが骨盤ベルトと言うことになります。
産後、運動ができるようになるまでの間は、骨盤ベルトで、優しく締め付けておくだけで十分です。
ガードルはサイズが合わないと血流が悪くなるので、しっかりと引き締めてくれる骨盤ベルトが一番良いのです。
産後、ずっと骨盤ベルトを付けるのが困難な場合は、ベルトで引き締めたまま8の字の形をお尻で動かす運動を1日10分程度するだけでも効果があります
posted by トリトン at 11:38| 痛い腰痛に骨盤ベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。