2017年06月09日

痛い腰痛に骨盤ベルト

基本的に骨盤ベルトは、コルセットよりも簡易な作りになっているのが特徴と言えます。
この骨盤ベルトはよく間違えられるのですが、コルセットとは違うのです。骨盤ベルトというのは、最近、テレビなどでも話題になっているので、ほとんどの人は一度くらい耳にしたことはあるでしょう。
いわゆる、帯状のゴムあるいは、伸縮性の素材でできた単純な形のベルトが、骨盤ベルトになります。
もっとも、そうした物は、使用中にずれてしまったり、長さの調整なども必要なので、やはり、骨盤ベルトを使用するのが賢明です。
ほとんどの腰痛は、腰の筋肉の緊張と、その緊張から生まれる骨盤の歪みによって起こるとされています。
例えば、自転車のチューブや女性用のストッキングなどを数本束ねれば、骨盤ベルトの代わりになります。
そして、骨盤ベルトには伸縮性があるので、それが骨盤を締め付けて、変形、あるいは広がった骨盤を正常な形に戻してくれるのです。
そして、骨盤ベルトは、コルセットのように腰に巻いて使用するものではないのです。

骨盤ベルトは、コルセットとは異なり、単純な形状になっているので、他の物で代用することも可能です。

骨盤ベルトというのは、使用すればよいというものではなく、コルセットと同様、あまり使いすぎるのはよくないのです。
そして、骨盤ベルトを常に使用しないと、骨盤の形状を保てないような体では困るのです。
効果的な骨盤ベルトの使用法というのは、あくまで痛むときの対処法として使用するのがベストなのです。
骨盤ベルトがもっとも優れているところは、やはり、即効性ということになるでしょう。
この骨盤ベルトを巻いて、1分間の骨盤体操をすれば、驚くことに下腹が3cmくらいサイズダウンすることも可能なのだそうです。
骨盤矯正をすると、サイズダウンが可能になるのは、ほとんどの人が、骨盤が歪んだり、開いてしまって、内臓が下がっているからです。
骨盤ベルトは、骨盤を正しく矯正することで、骨盤を元の状態に戻してくれるので、有効に使用しましょう。
posted by トリトン at 14:42| 痛い腰痛に骨盤ベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

骨盤ベルトの効果

骨盤ベルトを巻き、1日1回3分の体操をすれば、骨盤を正しい位置へと導くことができるのです。
また、骨盤ベルトを使用すると、背筋も真っ直ぐになり、正しい姿勢を取り戻すことができる効果もあります。
女性はその性質上、身体のリズムや月経サイクルにより、骨盤が開いたり閉じたりするという特質があります。
そうした時に骨盤ベルトを使用すれば、色々な改善効果が期待でき、腰への負担が軽くなって、ストレス減少の効果もあります。

骨盤ベルトは、女性に多い下腹部の冷えから派生する、生理不順や、生理痛、下痢、便秘などの解消効果もあります。
そして、内臓が正しい位置に戻って血流が良くなれば、内臓の動きも活発になるので、骨盤ベルトはオススメなのです。
内臓を動かす筋肉は沢山エネルギーを消費することから、骨盤ベルトの使用で、エネルギーの消費にもなり、それにより、体重も減って行く効果があるのです。
ダイエットをしてもサイズダウンができない、ぽっこりお腹が解消されないと嘆く人でも、骨盤ベルトの使用で、自然に引き締まってくるのです。
そのため、男性よりも骨盤が歪みやすい傾向にあるので、骨盤ベルトで、骨盤をケアすることはとても重要なのです。
骨盤の歪みを取ってくれる骨盤ベルトに人気があるのは、このような様々な効果があるからなのです。
骨盤が歪んだり、広がってしまった状態を、骨盤ベルトで締めることで、正しい状態に戻してくれるのが一番の効果です。
そして、美しく健康な体になれ、腰痛も解消してくれ、産後の骨盤矯正にもなるので、骨盤ベルトはとても役に立つ器具なのです。
体の中心である骨盤が曲がると、背骨が曲がり、全体が曲がってくるので、腰痛、頭痛などの症状が露呈します。
さらに、骨盤ベルトを使用すれば、傾いた骨盤を水平な位置に戻してくれるので、腰や足のアンバランスな状態が改善されるという効果もあります。
posted by トリトン at 17:21| 痛い腰痛に骨盤ベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

骨盤ベルトの巻き方


逆に緩すぎると、動いた時に骨盤ベルトがずれたり外れやすくなるので、適度な強さでしっかりと巻くことが重要です。
そして、それぞれの目的により、色んな骨盤ベルトが販売されて人気となっています。
自己流の誤った方法で骨盤ベルトを使用すると、身体に余計に負担をかけることになるので、十分に注意しましょう。
そして、骨盤ベルトと言ってもその種類は多く、商品によっては、巻き方が違うものもあるので、注意する必要があります。
しかし、それなりに商品で違いがあるので、注意書きは、よく見て間違わないように巻くことです。
効果が得られない場合は、間違った骨盤ベルトの巻き方をしているケースが多いのです。
正しい方法で骨盤ベルトを巻かなければ、骨盤を引き締めて矯正することができないので、しっかりとした効果が得られないのです。
長時間骨盤ベルトを巻いて使用しているのに、その効果が実感できない時は、巻き方を一度チェックしてみることです。
そのため、骨盤ではない、腰やおしりの部分で骨盤ベルトを巻くと、しっかりと骨盤が矯正できないのです。骨盤ベルトは、今では、ダイエット効果や健康維持効果があるとして、多くの人から支持されています。
説明書を読んでも骨盤ベルトをきちんと巻けない時は、整体師などに相談して見てもらうといいでしょう。
基本的に、骨盤ベルトの巻き方というのは、どのメーカーのものでもほとんど共通しています。
骨盤ベルトの巻き方というのは、とてもシンプルで、基本的に使いやすいというのが大きな特徴です。
肝心なのは、骨盤に沿ってフィットさせながら骨盤ベルトを確実に巻いていくことなのです
posted by トリトン at 11:51| 痛い腰痛に骨盤ベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。